オーダー家具店「リーデ」は、サイズ悩み解決型、特注設計相談の家具店です。1万円代からのお手ごろ価格で、幅、奥行き、高さを1ミリ単位のぴったりサイズの家具を作成。サンプル無料送付、安心の日本製、工場直送の通信販売。

オーディオラック、オーダー設計のコツ。

オーディオラック、AVラックの、オーダー設計のポイントと解説。

ここが、オーダー家具で、オーディオラックを作る「デザイン、設計」のポイントです。

オーディオラックは、オーディオ機器間のコード処理だけでなく、様々な要素をクリアして、オーダー家具設計する事が大事です。

①各機器のサイズを測定し、すき間を考え、オーディオラックの内寸を決めていきます。

オーダーのオーディオラックの、サイズの決定は手持ちの機器大きさ、すき間の決定から決まってきます。
まずは、各機器の、サイズ、幅、奥行き、高さを測り、左右の隙間、高さの隙間を決めていきます。
後は、配線コードが出っ張りますので、その分も忘れないようにしたいものです。
どの位の隙間が、必要かは、機器によりより違いますので、設置説明書などを、良く読んで決めてください。

②オーダー家具で作るのだから、オーディオラックの、コードはきれいにまとめたい。

オーディオラックで、大切な事、それは、各機器をつなぐコードをどうまとめるか、どうきれいに処理するかに尽きます。
これは、手持ちのオーディオ機器がそれぞれ違うため、又、複数あるため、市販品のオーディオラックでは、コード類がきれいにまとまらない、入りきらない、といったことがあります。
これを解決するには、自分で、オーディオラックを設計する事が大切になってきます。
オーディオコードは、出来るだけ、はみ出さないようにきれいに隠したいものです。
そうゆう設計に、するべきなのです。
市販品では、どうでしょう。
仕様は、帯に短し、たすきに長しのサイズになっていませんか?

③オーディオラックは、ガラスドアで、リモコンが効くように設計する。

最近のオーディオラックは、ほとんどがリモコン操作です。
ホコリを避けて、リモコン操作は、やはりガラスドアです。
アクリルの透明ドアでもいいのですが、アクリルは、傷がつきやすく、温度変化に弱いので、ドアに使用すると、歪んでくる恐れもあります。
どうしても、アクリルにしたい場合は、木枠を付けて、そこに蝶番を付け、アクリルを挟み込む方法になります。

④テレビ、DVD機器、ブルーレイ機器との連携。

オーディオラックと言っても、最近は、テレビ、DVD機器、ブルーレイ機器との連携で、構成を考える方が多いようです。
これらの事を考えると、オーディオ機器の単体から、テレビ台+オーディオ機器、DVD機器、ブルーレイ機器の収納が設計上必要になってきます。
そうしますと、テレビの大きさ、各、オーディオ機器の大きさ、そして、スピーカーの大きさまで、総合的によく考えて設計にする必要が出てきます。
又、テレビも大きさも、どの程度までを最大インチとするのか、買い替えも含め、考えておく置く必要があります。
市販品では、一般的な構成しか考えてありませんので、オーディオアンプなど、合理的に収納しようとすると、中々サイズ的には無理が出てきます。
これらを総合的に考え、オーダー家具として設計する場合は、やはり、製作図面を確認し、各機器サイズを図面に落とし込んで、納得して、製作にかかってもらうののがいいかと思います。
もちろん、Lide「リーデ」では、内寸サイズや、各オーディオ機器の、実寸配置、配線コードのルート、配線コードの処理、メンテナンスも含め、きめ細かくご相談に応じます。

⑤オーディオ機器の熱対策はどうする。

最新のオーディオ機器は、ほとんど熱を持ちませんが、それでも対策を考えておく必要はあります。
又、オーディオ機器によっては、かなり発熱する物もあります。
左右、後、高さの隙間空間を、しっかり押さえておく必要があります。
場合によっては、熱を逃がす、穴が必要になる事もありますが、あまり、大きすぎると今度は、ホコリの問題も出てきます。
自分の所有のオーディオ機器が、その位、熱を持つのか、把握しておく必要があります。
機器によって違いますので、オーディオ機器のメーカーに問い合わせるなど、慎重な準備をした方がいいかと思います。
あまりに、すき間ギリギリの設計では、アンプなど、機器の寿命を縮める事にもなりかねません。
特に、真空管式のアンプや、古いアンプは、隙間対策、放熱対策を、しっかり立てましょう。
放熱が、十分に必要な機器は、やはり、オープン棚にすべきでしょう。
背板も、ある程度開口を設け、熱、空気の通り道とする事が大切です。

製作例から、オーダーオーディオラックの設計のヒントを掴みましょう。

ガラスドアの、既存棚の上置き棚(上乗せ棚)としての、オーディオラック事例です。

この写真の家具は、巾木が付いていません。
家具の巾木が無いという事は、既存家具の、上置き棚(上乗せ棚)になります。
ガラスドアなので、リモコンも効いてくれます。
ガラスドアは、マグネットプッシュで、押して開く、押して閉じるという設計です。
AVラック、オーディオラックLT-017背板は、大きくくり抜き、アンプの熱逃がしと、配線孔を兼ねました。
棚板は、可動式とし、自由に機器のレイアウトが出来るようにしました。
配線は、すべて、棚内で完結させる様、縦の配線ルートも、棚板後ろを通せる様、配慮してあります。

オーディオ棚、AV棚LT-017

ガラスドアオーディオラックと、収納ボックスの、オーダーセット。

ガラスドアの、オーディオラックと、木製ドアの収納棚をつなぎ合わせた、オーダー家具のセットです。
写真では、離れていますが、実際は、前面がきれいに揃う様に、工場で調整し、ビスでつなぎ合わせて完成です。
天板は、繋ぎ合わせて、左右フラットになる様に設計されています。
繋ぎ合わせでも、天板上は、ごく細い筋の様になるだけで、違和感はありません。
ご要望で、1枚板でも可能です。
このタイプは、巾木ありの、床置き用となります。
奥行内寸を少し深めの取って、後にテーブルタップなどを隠すような設計です。

LT-039A-50.jpg

オーディオラック、テレビ台のイメージを統一したオーダー家具。

オーディオラックや、テレビ台、レコード棚など、イメージを合わせると、一体のデザインとなり、統一されたインテリアとなります。
オーダー家具で、統一デザインにするだけではなく、幅、奥行きをきちんと合わせ、前面のラインを合わせる事により、シャープな感じになります。

奥行きの深いオーダーのTVボード、LT-051-45.jpg

スピーカー専用スタンドも、オーダー家具できれいに設計しました。

オーディオラックだけではく、スピーカースタンドも、サイズを合わせ、オリジナルのオーダー家具として設計する事により、存在感が増します。
今回は、Lide「リーデ」の基本素材の、パーティクルボードで製作したので、どっしりと重量があり、安定感抜群のスピーカースタンドとなりました。
サイズが、スピーカーに合わせて製作できますのが、見た目も存在感あふれます。

LT-054-50.jpg

シンプルで、ぴったりサイズのオーディオ棚は、オーダー棚として、完璧になりました。

TN-036-45.jpg

とてもシンプルなオーディオ棚です。
3台のオーディオをスッキリ&ぴったり収納できる、
シンプルだけど優秀なオーダーオーディオ棚です。
棚板を1枚挟んだだけのシンプルなオープン棚ですが、
こんなにぴったりオーディオが収まる収納棚はオーダー家具でしか作れません。
オーダー家具でも、コストを以下に抑えるかがポイントです。
丈夫な素材を使用して、いかにお求めやすい価格で家具をご提供できるかを追求して、
ひとつひとつの家具を職人が心を込めて制作しています。

オーダー家具設計相談目次へ。 設計事例一覧へ。 自動見積もりへ。 トップページへ。

ご質問、疑問、ご相談がありましたら、すぐにお問合せ下さい。
お電話でも構いません。(土日祝可)TEL:076-218-9555

お問合せメールお問合せメール添付付き

オーダー家具の設計相談。ここが聞きたい、知りたい!

お見積もりはメールか電話でどうぞ TEL 076-218-9555 平日9:00 - 18:00 (お急ぎの場合は、土・日、電話受け付けます)・お問合せメール

サイドメニュー

トップページへ。
お客様の声ぺージへ。
お買い物かご
お問合せメール
お問合せメール添付付き
初めての方へ
お探しのオーダー家具を製作事例より見つける
オーダー家具の設計相談
自動見積もり
組み立て、構造、設置
配送とお支払い
家具のお役立ち情報
オーダー家具・Lide「リーデ」からの熱い想い
●Lide「リーデ」は、全ページ、SSLのページとなりました。
(SSLとは、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みです。お問合せメールや、お買いもの、開いたページが、安全であることを証明しています。)

PAGETOP