Lide「リーデ」のオーダー家具も対する、考え方と、想いをまとめてみました。

Lide「リーデ」という名前の、オーダー家具店を始めた訳】

もともとオーナーの私は物を作ることがとても大好きでした。
DIY家具も作ることが好きでした。

自分で作るより、市販で既成品の家具を買った方がいいのですが、
市販の家具を買いに行くときは、まずはぴったりサイズを探します。
当然、幅・奥行き・高さ、全てがピッタリしていることは言うまでもありません。

その次に大切なことは、機能・仕様です。
これは、ドアが何枚とか、棚板が何枚とか、巾木とか配線口とかです。

家具を自分で、DIYで作った方は多いと思いますが、私も最初に作った家具は、
隙間家具の本棚の様なオープン棚です。

どなたも、一度は簡単な家具を作ろうと試みた人は多いかもしれません。
でもいざ作ってみると、よくあることですが
上手く直角が合わなかったり、家具材料のカットが上手くできなかったり、
なかなかと難しいものです。

カットにしても、家具用の木材を、まっすぐ切る場合は、やはりそれなりの道具が必要です。
最近ではホームセンターなどで、カットサービスを行ってくれる所も多いようです。

しかし、細かなところは自分での木材カットが必要となってきます。
しかし、カットもまっすぐなかなか切れません。
木工用電動工具を持っていたとしても、まっすぐというのはなかなか難しいものです。

直角に切る、ガイドの道具も必要です。
大工道具、DIY用の道具があってもうまくいかなかったりします。

穴あけも同様です。
直角(垂直)にまっすぐ開けるのは至難の業です。
また、小口の化粧処理も問題になってきます。

自分でオーダー家具を、DIYで作るのは楽しい反面、苦しい面、苦労も多く、失敗も多くしました。

私のように、市販の家具でサイズが合わず、悩んでいる方は以外に多いのではないか。
このようなことから、家具で悩んでいる方、サイズや仕様で悩んでいる方のために
少しでもお役に立てればということから、このホームページを始めました。

何か家具が欲しいと思うとき、例えば、本棚であったり、食器棚、すき間家具、テーブル机、洗面所タオル入れなど、きっと、街の家具屋さん、ホームセンター、等に、まずは、ぴったりサイズがないか、色はどうか、など、探しにお出かけになるかと思います。

例えば、家具探しで、本棚を例にしてお話しましょう。

本棚(文庫用本棚でもいいですが)を街に探しに行ってみましょう。

幅が合っていても、奥行きが合わない。高さが合わない。
希望の本が入らない。棚板が足りないなど、不都合ばかりです。

サイズで言えば、理想的には、設置したいスペースの幅ぴったり(マイナス5ミリくらい)のものが
欲しいと思っても見つからないものです。
まして、奥行き・高さとなると、まず見つかりません。

家具探しというのは、なかなか気に入った家具がなく、
例えて言えば、大きな海岸で、一粒の気に入った形や色の貝殻を探すくらい難しい事です。

では、色はどうでしょう。
市販の家具は、量産が基本です。
ひとつのデザインで、何百、何千、つまりワンロットで作るわけです。
シリーズで同じものを作り続ける例は希です。
したがって、色・形・サイズ・仕様などは、その一回のロットだけのものです。
そのあとはありません。
つまり、1ロットで作りっぱなしが多いようです。

同じ家具を半年後に手に入れたいと思っても、もうないかもしれません。
したがって、年月を経て家具を購入すると、
家の中の家具は、色も形もバラバラということになってしまうのです。

よくよく考えてみると、「市販の既製品の家具を買う」という事は、どこかに不満があっても、サイズや、仕様、カラーを、、妥協して買ってるのかもしれません。
少し、サイズ、仕様など、不満があっても、自分に言い聞かせて、むりやり納得させているのかもしれません。

『こんなことから、家具に困っている人は以外に多いに違いない。市販のサイズや仕様を無理に、自分に当てはめて買っているに違いない』
などと思うようになり、オーダー家具でしかも安く、手軽に提供できる家具を作って、お役に立てるようになりたいと思いました。

Lide「リーデ」という名前は、英語、フランス語などを語源とする「自由なデザイン」から来ています。
「もっと家具を、自由な発想で選んでいただきたい、考えていただきたい。」
「そこから広がる、自由で、楽しいライフワークになってほしい。」
と言う想いから、Lide「リーデ」の名前を付けました。

【家具は、サイズが合わないもの、妥協して買うものと、思っていませんか?】

「家具は、楽しんで、納得して、満足して買うものです。」

先ほども書きましたが、家具は、自分の思ったサイズと、仕様が、市販品では
中々ありません。
でも、「家具とは、そんなもの」と、妥協して、あきらめて、購入していませんか?
でも、そんな買い物って、楽しいでしょうか?
家に、置いてみて、満足できるのでしょうか?
洋服などと違い、家具は、そうそう、何回も買うものではありません。
・サイズが、買って満足できること。
・仕様が、買って満足できること。
・カラーが、買って満足できること。
そんな、家具を買いたいものです。
妥協した家具では、ないのです。
そんなことを考えていくと、家具の買い物って、とても楽しいとは思いませんか?
家具を、もっと、楽しんで買い物をしましょう。
家具選びは、とても楽しいものなのです。
オーダー家具なら、そんな買い物が、実現するのです。

例えば、気持ちいいくらいスペースにぴったりの、隙間家具。玄関にぴったりサイズで収まる下駄箱。収納がいっぱい付いて、配線孔など、気遣いあふれる機能の机、パソコンデスク。カウンター下にぴったり収まるドア付き食器棚。キャスターと、引出しの付いた机。など、オーダー家具にすれば、楽しい家具になる事に間違いありません。

【簡易型オーダー家具】

オーダー家具で検索すると、家具店は山のように出てきます。
内容を見てみると、オーダー家具は大きく2つに分かれます。

ひとつは簡易型オーダー家具です。(セミオーダー型オーダー家具)
例えば、幅は10ミリ単位で制作してくれるが、
奥行と高さが決まった選択しの中からしか選べないもの。

奥行で言うと、300ミリ、350ミリ、400ミリなどです。
高さで言うと、900ミリ、1200ミリ、1500ミリ、1,800ミリなどです。

各部品板を、あらかじめ工場で大量に作り、それをカットして
組立式として製品出荷しています。

これは、実は木材に無駄が出ない経済寸法と言えるのです。
経済的には良いのですが、ユーザーの立場からすると、やや不親切と言えます。
つまり、ユーザー都合ではなく、メーカー都合と言えます。

木材(材料)は、メーカーにより、大きさが大体決まっています。
例えば、900×1800ミリ(いわゆるサブログサイズ)です。
例えば、1200×2400ミリなどといった具合です。

これを工場で、細長い縦方向などにカットしていきます。
300ミリ、400ミリ、450ミリというふうに、端数の無駄が出ないサイズで
カットして製作しているのです。
この300ミリ、400ミリ、450ミリなどという寸法が、奥行きサイズとなります。

この決まったサイズというのは、使う側にとっては大変不親切なものです。
例えば、欲しいのは450ミリではなく、475ミリであったり、
300ミリではなく、337ミリだったりと、その人の使い勝手により、千差万別なのです。

高さも同様です。
高さで言うと、例えば、シンクの高さにぴったりしたいとか、
洗面所の高さにぴったりしたい。などです。
また、現在持っている本棚の高さにぴったりしたいとか、人によりさまざまです。

また、仕様も自分の好きなように加工できないというのも欠点となります。

【本格的オーダー家具】

では、その他の素材で見てみましょう。

Lide「リーデ」でも製作していますが、本格的オーダー家具ではどうでしょう。

本格的という言葉は不適切ですが、一般的といっても良いでしょう。
一般的なオーダー家具では、サイズやカラーに縛りがありません。
基本的に、幅・高さ・奥行きはミリ単位で作ります。

一般的なオーダー家具と違うのは、板1枚ずつ、その都度制作していくものです。
一般的には、いわゆるフラッシュという作り方です。
(フラッシュのご説明ページ→このページ下部をご覧ください。

木枠を作り、3ミリくらいの板をサンドイッチ状に貼り合わせて作ります。
当然、板から作りますので、手間がすごくかかり、コストもすごくかかります。

素材のカラーや材質が豊富で、たいていものは製作が可能です。
Lide「リーデ」では、これらの家具も並行して販売しています。
Lide「リーデ」の基本素材だけで作るよりは、かなり高コストになってしまいます。

“オーダー家具=高い”このイメージがついてしまっているのは、このためです。

【こだわり無垢材(むくざい)の、オーダー家具】

丸太から切り出した木材で、木その物をそのままカット、加工して使う家具の事です。
ただ、ひびなどが入りやすく、場合によっては、割れたりもします。
天然木本来の風味で、とても味わいがあっていいのですが、磨きや塗装が必要となります。
合板や集成材の比べると、とても割高になります。

木材の種類、性質、ゆがみ、磨き、塗装などを考慮して、製作しなければならず、かなりの高級品という事になります。
昔は、貼りあわせ、木材をスライスする技術が無かったので、家具と言えばこの方法でしたが、現在では、一部の、こだわりの、オーダー家具屋さん、1品物の、作家家具屋さんが、製作されています。
ちなみに、Lide「リーデ」では、製作しておりません。

Lide「リーデ」の目指す家具とは】

Lide「リーデ」が目指した家具とは、
ずばり、幅・高さ・奥行きが全てミリ単位で製作出来、仕様がお客様に寄り添った、使う方が、納得でき、満足いただける、オーダー家具のことです。

つまり、仕様、使い勝手も含めた満足の「フルオーダーの家具」ということです。
しかも出来るだけコストダウンできるように、組立式が基本です。
組立式でしたら、配送コストも安くなります。

机なども制作可能です。
単純なBOX型ドア付きなどの場合は、自動見積から簡単に注文が出来ます。
これもコストダウンの一因です。

特別仕様にもしっかり対応できます。
特別仕様とは、例えば、建物巾木よけカット、指定位置の配線口、
ドアハンドルのオプション、3枚4枚ドアの家具、上下分割ドアの家具、などです。

その他、パソコンデスク、組み合わせ家具(本棚+デスクなど)、
壁一面のシステム家具、壁幅いっぱいの家具、天井までの高さの家具、
DIY代行のような家具、などなど、家具収納のコンサルティング、
特別仕様の図面作成をして対応しています。

通常は、標準仕様の場合、自動見積、自動注文でご注文いただけます。
特別仕様の場合は、家具設置、収納のスペースなど、
収納コンサルティングによる、オーダー家具の制作となります。

これらが、Lide「リーデ」の目指す、安くて手軽なオーダー家具作りです。

【Lide「リーデ」の家具はなぜ安いのでしょう】

Lide「リーデ」の家具は、国産一流メーカーの、品質が一流の圧縮材を使用しています。
これは、国産の一流メーカーであらかじめ製作した板を、カットして作り上げていくため、
フラッシュのオーダー家具のように、板から作り上げないため、安く作成出来るのです。

又、家具の仕様によっては、完成品で製作する場合があります。
その場合は、フラッシュ仕様となり、カラーもたくさんの中からお選びいただけます。
(フラッシュのご説明ページ→このページ下部をご覧ください。

また、大きな家具工場や、大きい会社の組織で運営・経営していないため、
無駄な中間経費が発生せず、安定した安いコストで制作出来るのです。

かといって、いい加減な家具を作っているわけではなく、
しっかりした一級の職人さんスタッフが制作しています。

いずれも、すべて、腕の確かなベテランの職人さんです。

【オーダー家具をおすすめする理由】

滅多にしか買わないものが、家具です。

オーダーをおすすめする理由はいくつかあります。

①オーダー家具は幅・高さ・奥行きが設置スペースに対し、ぴったりであること。

②仕様が好きにできること。 例:棚板枚数、ドア付き家具(ガラスドア付き家具)など。

③カラーを選べること。 Lide「リーデ」素材は3色ですが、その他の素材を使えば、たくさんの中から、カラーが選べます。

④既存の家具や、シンクなど、今持っている家具に高さや奥行きなど、ぴったり合わせることが出来ます。

⑤しばらくたって、追加発注の場合でも、カラー・素材がぴったり合う

など、おすすめする理由はたくさんありますが、
なんといっても、自分で納得できる、満足できる仕様の家具が手に入ることです。
満足できる家具とは、例えば、
・収納したい食器や、電子レンジに、ぴったりの食器棚。・すき間にジャストサイズの、テレビ台。・キャスター付き引出し付きのリビング棚。・配線ルート、配線孔、機器の収納をしっかり考えて作られたパソコンデスク。・業務用陳列台。などです。

【オーダー家具をどう計画する?】

家具は、長く使うものです。
慎重の上にも、慎重に家具選びをしたいものです。
単に価格だけで選んでしまったり、サイズを簡単に妥協してしまったり、
後で、後悔がない様にしっかり選びたいものです。

中途半端に隙間ができるもの、たくさん収納したいのに
上部が無駄になっているもの、収納空間に、無駄な「空き」が
たくさんできるものは、どうでしょうか?

又、壁にぴったりしていない家具は、ほこりも溜まりやすく
衛生上も、好ましくありません。
これらの観点から考えてみても、オーダー家具の選択は
正しいかと思います。

家具を設計する際のこだわり、ポイントは、下記のページを
ご参照ください。詳しく載せてあります。

オーダー家具のこだわりと、具体的な設計ポイント

【オーダー家具のまとめ】

A:Lide「リーデ」が作る、組立式オーダー家具。

①素材が、国産一流メーカーで、品質保証されている。
②板から作る必要が無く、カットや、加工のみで製作できるので、リーズナブルに製作出来、これが、お勧め。
③組立は、お客様にしていただくが、プラスドライバーだけで、とても簡単。
④板パーツを、複数梱包して、宅急便でお送りするので、送料は割安。

B:Lide「リーデ」が作る、別素材、完成品お届けのオーダー家具。

①板から作り上げる、一般的なオーダー家具製作方法の、フラッシュ仕様である。
②このため、組立式より、割高になる。
③カラーは、豊富な中から選ぶことが出来る。
④完成品お届けの為、送料は高くなる。

C:Lide「リーデ」では、取り扱いの無いオーダー家具。

①こだわり無垢材(むくざい)の、オーダー家具。
取扱い、製作工程かかり過ぎ、かなり高額となってしまう。
②金属製のオーダー家具。
③椅子、ソファーのオーダー品
④ベッド

Lide「リーデ」製作できるオーダー家具の種類(例)】

・本棚、文庫本棚
・食器棚  ・カウンター下棚
・台所収納棚  ・レンジ台
・テレビ台  ・オーディオラック
・CD、DVD棚  ・パソコンデスク
・L字デスク  ・キャスター付きデスク
・キャスター棚  ・システムデスク
・洋服ダンス  ・リビング整理棚
・上乗せ棚  ・引き出し棚
・冷蔵庫上置き棚  ・壁一面システム棚
・間仕切り、向き違い棚
・寝室用家具  ・洗面、脱衣所棚
・トイレ収納棚  ・吊り棚
・下駄箱  ・玄関収納棚
・オフィス書類棚  ・業務用下駄箱
・受付カウンター  ・業務用PC機器ラック
・業務用陳列棚  ・業務用引き出し棚
・立ちデスク  ・すきま棚