洋服ダンスの間のすき間家具(隙間家具)は、微妙なサイズが必要です。
TN-005

洋服ダンスは、奥行きが深く、そこのピッタリのすき間家具は市販されていません。

例えばこのすき間家具の例。幅340mm×奥行き540mmの、すき間サイズとなります。
高さは上段が1,100mm、下段が1,200mmの、天井いっぱいの上下セットにしました。

作りつけ家具の場合は別として、普通は家を建てて、部屋があって家具を入れます。
家具は、既製品ですから、当然、中々ピッタリとお部屋にフィットしてくれません。
隙間が中途半端な空間を埋めるには、オーダー家具で、オーダー棚を創るのが一番です。
せっかくオーダー棚を創るなら、左右(幅)は当然ピッタリサイズを作るとして、奥行きも、前面が、既存のタンス(箪笥)にピッタリと合う家具にしたいものです。
そして高さですが、出来れば天井いっぱいにして、大きな収納スペースを創りたいものです。

洋服タンスの間に入れるすき間家具TN-005
洋服タンスの間のオーダーすきま家具TN-005

この、すき間(すきま)家具の例としては、上下に2個作り、2段つなぎ合わせて使います。
この、上下2段、つなぎ合わせる時は、前面がぴったり合うように、出荷前に事前に工場でビスを調整いたします。
オーダー家具が到着して、組み立てる時に、このビスを取り付けていただければ、前面が、
ピッタリ揃った、美しい棚のセットとなります。
横につなげる場合も同じです。工場にて、調整の上、出荷いたします。
こんな事が出来るのは、オーダー家具ならではです。Lide「リーデ」では細かいところまで気配りをして、制作、出荷いたします。
もし、市販の棚を2個購入されて、上下、又は、左右に設置されたとしても、どうしても前面がきちんと揃った形にはなりません。
ここが、オーダー家具のいい所なのです。

この例のお見積もりは、片ドア棚のページを参考にしてください。


片ドア棚