台所のスペースに、機能性の高い家具を考えてみましょう。DT-032

高機能、高仕様の、台所収納棚・DT-032-45.jpg

例えば、新築の台所スペースに「機能性の高い」家具の
設置を考えたとしましょう。
機能性の高い家具とは、一体なんでしょう。
つまり、それは、一言で言えば、使い勝手がいいという事に
ほかなりません。

市販の家具を、考えたとき、まず、スペースにぴったりするのかが
問題です。
市販の家具は、大体が、30センチ単位で、作られていますから、
本にそのスペースに、きっちり収まるかは、はなはだ、疑問が残ります。

30センチ単位は、家具メーカーの、木材の材料の無駄のない
「経済寸法」だから、そうなっているのです。
つまり、端数の切りくずを出さない、メーカーの都合なのです。

でも、その、設置スペースが、例えば、幅、1,700㎜だったら、どうでしょう。
そうすると、市販品は、幅、1,500㎜の製品だったりします。
幅方向で、200㎜程度、余ることになります。

この、200㎜をどうするでしょう。
あとで、市販の、幅、200㎜の家具を探したとします。
でも、それは、奥行きが合わない、高さが合わない、
素材、材質が合わないという、何とも、ちぐはぐになってしまいます。

さて、機能の話に戻しましょう。
そして、何とか、幅、奥行き、高さの、サイズを妥協して
市販品を手に入れたとしましょう。
でも、妥協したのは、サイズだけではないのです。

そうです。機能です。
例えば、この例のように、引出しとか、ドアです。

そして、良く見ると、右奥の、下には、コンセントプレートが
引っかからないように、欠き込みまで、付いています。
これを、「高機能の仕様」と言うのです。

引出しがほしかったのに、引出しが付いていなかった。
ドアは、いらないのに、ドアが付いていた。
引き出しはあったけど、高さが小さすぎる。
棚板の、枚数が足りず、位置も気に入らない。

などなど、サイズとともに、機能を満足させるのは
並大抵のことではありません。

この事からわかるように、市販の家具、量産家具を
買うという事は、まさに、妥協の連続なのです。

機能、サイズが、あなたの希望した物ではないけれど、
あなたが、妥協に、妥協を重ねて、手に入れた物と
なってしまいます。

せっかくの、高いお金を出して、手に入れる家具、
実にもったいないと思いませんか?

家具を手に入れるのは、めったに無い事です。
機能は、あなたの思い通りの、高機能、サイズも
あなたの、イメージした、幅、奥行き、高さとも、
ぴったイサイズで、あるべきではないでしょうか。

引き出し棚は、特別仕様となります。
特別仕様については、下記までお問い合わせ下さい。

メールは
「お問い合わせメールフォーム」
まで。
お電話は、076-218-9555 まで、
お気軽にお問い合わせ下さい。