天井いっぱいの、「ガラス引き戸仕様の食器棚・台所すき間棚」。普通の家具屋さんには販売していないので、オーダー家具での製作にしました。SD-014

一番見せたい、そして使いたい、お気に入りの食器コレクションを、取りやすい高さになる様設計し、その部分を、食器棚として、引き違いガラスドアにする事にしました。
こうする事で、食器棚として、出し入れがしやすく、使いやすく、見たも美しい食器棚となりました。
しかも、すき間にぴったりの、嬉しい、台所すき間棚、オーダー仕様です。

ガラス引き戸は、枠無しの、軽く動きやすい部品で、見た目もスマートな設計です。

この事例では、ガラス板(図面の斜め線の部分)は、3mm等汚名ガラス板を使用。
ガラス板には、船底彫り(ふなぞこぼり)ガラスの引手加工(ガラスに指を引っ掛けるくぼみの事)を施し、手掛けとしました。
ガラス板の上下には、レールが付いており、ガラスの動きは、とてもスムーズになります。
ガラスの厚み部分は、面取り、磨き加工がしてあり、きれいな仕上がりとなっています。

ガラス引き戸食器棚以外の部分は、オープン棚として有効活用。すき間をスッキリ使える、ぴったりサイズ。

食器棚部分以外は、オープン棚となっており、台所用品のストックスペースとなっています。
ここには、台所で使う、道具、生活用品などを入れ、あえて、扉の無い、オープンスペースとしました。
自由スペースとした事で、例えば、ホットプレート、ミキサー、などの、調理家電、スライサーなどの、調理道具など、さまざまな物を収納できる、十分なスペースが確保されました。
その他の具体的な収納物としては:ガラス引き戸にはお皿、ワイングラスなど見せたい食器類。
下段は本など重たいもの。
最上段は写真や小物など。
この様に、食器類のほか、多目的で使用が可能です。
奥行きが、570mmもあるのも、魅力的な収納が期待できます。

奥行きも深く、大きさが十分なオーダー家具ならではの食器棚は、とても満足できる使い勝手いい素敵な家具となりました。

このオーダー食器棚のサイズは、
幅=1,200 奥行き=570 高さ=2,340mmの、とても大きな、上下組み合わせ家具です。
天井までの家具なので、地震対策の、壁固定板も付けてあります。

なぜ、オーダー家具、オーダー食器棚を選択したのでしょう?

今回の、家具の選定で、オーダー家具にしたのは、なによりも、市販に、手頃なサイズが無かったからです。
市販の、家具も、たくさん検討してきましたが、幅、奥行き、高さとも、ぴったりの家具は、見つかりませんでした。
サイズも、カラーも含め、まさに「痒い所に手が届く」仕様が、オーダー家具の選択となりました。
棚板の各段の高さや、様々な個所の内寸など、事細かに相談に乗っていただけます。
丁寧な、メールや、図面でのやり取りの中で、本当に納得できる家具を確信し、オーダー家具、オーダー食器棚の選択となりました。

カラーも、好きな物を選べるオーダー(特注)食器棚の魅力。

今回の、製作の構造は、フラッシュ工法と言われるものです。
素材、カラーを、好きなように選べ、カラーも豊富に選択肢があります。
カラーサンプル、素材サンプルもみて、最終決定となるので、相当とのな安心感があります。
家具は、一度購入すると、長い年月使用するものです。
十分に検討して、本当に満足できるものを手に入れる事が何よりも大切です。