市販家具のワードローブは、サイズが合わす隙間が出来る。TN-027

オーダーワードローブ・TN-027-35.jpg

市販家具、量産家具は、決まったサイズしかありません。
多くの市販品は、30センチ(又は、15センチ)単位の、倍数である事が多いようです。

でも、今回の場合は、壁との間に、ピッタリ設定する事が条件と言うだけでなく、天井との梁をもかわした、収納と一体になったワードローブがほしかったのです。
写真をご覧下さい。
ワードローブの上には、整理棚が、キチンと揃って設置されました。
又、梁部分は、見事に避けて、これも、ピッタリサイズで、実に美しい仕上がりとなっています。
写真では、少し見にくいのですが、このワードローブは、下の部分、部屋の巾木避けも、しっかりカットされているのです。

市販の家具屋さんや、ホームページの量産家具を探してもいいのですが、ピッタリサイズのワードローブは、まず、見つからないと思っていいでしょう。

希望のサイズより、大きい物は選べませんので、当然、小さいサイズとなる訳ですが、そうすると、壁との間に、変な隙間が出来てしまいます
市販品は、どうしても。10センチとか、15センチとか、中途半端な隙間が出来てしまうものなのです。
「家具とは、元々そんなもの。」と思ってあきらめていませんか?
さて、その、例えば、10センチくらいの隙間は、ついつい何か、細長い物を入れたりします。
でも、それって、あまりかっこいいものではありません。
又、ホコリが溜まる原因にもなります。

せっかく、家具を購入するのなら、変な隙間が出来ない、
ピッタリサイズの家具、ワードローブを設置したいものです。
家具を買うのは、めったにある事ではありません。
少し高くても、ピッタリサイズの、見た目が美しい家具を買うべきです。

幅、奥行き、高さとも、ピッタリのサイズがあなたのほしかった家具のはずです。
市販家具、量産家具では、天井までの高さの家具や、
奥行きもピッタリの家具を
探すのは、不可能に近いと言えます。

スッキリと、ピッタリと収まる、作り付けの様なオーダーワードローブの家具を作れば、
本当の意味で満足できる、あなたの本当にほしかった家具が、手に入ります。
テレビに出てくる様な、メーカーカタログに出て来るような、素敵なインテリアが、オーダー家具で、手に入ります。

このワードローブのお見積りは、上下の組み合わせの仕様となります

【この例のお見積もりは、両ドア棚のページを参考にしてください】


両ドア棚