下駄箱の上に乗せる、上乗せタイプのオーダー下駄箱です。

ほとんどのご家庭では、下駄箱に入りきらないくらい履物があふれていませんか?SB-007

オーダー家具で、下駄箱の増設をしてみましょう。

下駄箱、オーダー上乗せ下駄箱 SB-007下駄箱、シューズボックス、靴入れ。言い方は色々ですが、履物、靴、サンダルなど、ご家庭には家族の人数分×靴の種類(一人の靴の数)があります。
これって、すごい事だと思いませんか?合計すると、大変な数です。
靴の種類だけでも、通勤用、遊び用、スポーツ用、ちょっとした買い物用、おしゃれ用、雨の日、雪の日用など…一人だけでも、こんなに数を持っているんですね。
そのほかに、サンダル、ブーツなど種類もたくさんあります。
靴好きの方は、もっともっと持っていますね。
そして、この一人の数×家族の人数分ですから、下駄箱の中がすぐにいっぱいになるのは、わかる気がします。
捨てればいいんですが、まだまだ履けると思ったら、中々捨てられないものです。だったら、空間を見つけて、下駄箱を増設しましょう。
ありました。今ある下駄箱の上空間。
ここなら、オフシーズンのブーツや、あまり履かない靴をしまって置けます。
又、オフシーズンの靴を入れておくと、いやでも入れ替えをしなくてはいけませんから、その時に捨ててしまう靴を発見したらどうでしょうか。
そして、下駄箱の掃除もついでにしてしまいましょう。オーダー家具だから出来る、下駄箱の増設。
オーダーの下駄箱なんて考えた事もなかったでしょうけど、この機会に見直してみてください。
又、古くなってしまっている下駄箱をお持ちでしたら、この際、天井まで届く下駄箱を検討してみてはいかがでしょう。
すっきりした、玄関収納を創り出す事が、出来ると思います。

展開例として、天井までの、白いオーダー下駄箱を創る。

天井までの白いオーダー下駄箱 SB-007

展開例ですが、白い天井までの、オーダー下駄箱もおしゃれな玄関になります。白い下駄箱は、「下駄箱」と言う呼び方よりも、「シューズボックス」と呼んだ方がピッタリかもしれませんね。
白い下駄箱の場合、中の汚れを少しでも目立たなくするため、中の棚板、及び背板を濃い木目などで作ることが出来ます。

この例のお見積もりは、両ドア棚のページを参考にしてください。


両ドア棚