一番簡単に出来るDIY。

最も簡単に出来る棚つくりをお教えします

棚作りは実は、簡単に出来ます。初心者の方のために、どなたでも簡単に出来る棚作りをお教えしましょう。
そんな事を教えたら、Lide「リーデ」は商売あがったりななりそうですが… でもお教えします。それは、

「ホームセンターの木材カットサービス」を上手に利用する事です。

作り方はいたって簡単。

1:先ず作りたい寸法を紙に書く。

2:下の図を見ながら、展開図を描く。(ホームセンターで木材を買う時の図)

3:ホームセンターに行き材料を選ぶ(本体材料)

最も作業しやすいのは、「化粧板」と言われる木材です。大概のホームセンターで販売しています。

板の厚さは、少なくとも17mm以上を選びましょう。(木ネジが入りやすい)ネジは「コーススレッド」ビス
又はビス頭隠しの付いた「キャップビス」を使った方が使いやすいでしょう。
ビスの長さは棚厚の2倍から2.5倍必要です。

4:背板材料を選ぶ

背板は3mm厚のベニヤ板を選びましょう。ベニヤ板はカラーリングされたものも販売されています。背板
は棚の強度を保つ為にも必要です。

5:カットサービスでカットしてもらう。

下図のように、ポイントは棚板の奥行きを、背板の厚みプラスアルファ分小さくカットする事です。

6:組み立てる

そして材料に下穴を開けて、組み立てれば出来上がりです。

最も簡単に出来る棚つくり
キャップビス

「コーススレッドビス」
写真は「コーススレッドビス」タイプの
「キャップビスです。
ねじ込みが入りやすく、
初心者には扱いやすいでしょう。

 

道具は最低何が必要?

道具としては、プラスドライバー、電動ドライバーなどがあった方がいいでしょう。道具に関しては、「できる
だけ少ない道具で出来るDIY」
又は、「上手な道具の使い方」などのページを参考にしてご購入下さい。

以上、意外と簡単ですが、ポイントはネジ止めで組み立てる時、角がきっちり合わない(平行にならない)
とかビスが曲がって入っていくとか、はみ出してしまうとか、色々と失敗もあるでしょうが、そこはお愛嬌と
言う事で、ご自分で納得してください。

やっぱり、傾くのは嫌だ。難しい、道具がない、などの方はご遠慮なく、組立て式オーダー家具Lide「リーデ」
にてご注文下さい。

Lide「リーデ」とで作った場合と、自分で作った場合と何が違うの?

Lide「リーデ」で作った場合、次のような特徴があります。

1:材料がしっかりしている。

耐熱性とか、品質の面で、材料そのものが厳選されています。
詳しくは「家具材質とカラー」のページをご覧下さい。

2:ネジが外から見えず、美しい仕上がりである。

詳しくは「棚の構造と、オプション、組立て」のページをご覧下さい。

3:プロの職人が作るので、正確でしっかりした構造

背板もしっかり4方向に正確にはまるので、構造がしっかりします。
詳しくは、「棚の構造と部品、オプション、組立て 」をご覧下さい。

4:天井までの大きな家具も作成できる。

材料が、しっかりしているので、大きな天井までの家具の制作も出来ます。

5:ドア付き棚も作れる。

片ドア、両ドアタイプ、中仕切りタイプなど自由な展開で制作できます。

などなど、色々特徴もあります。
そのほか、詳しいことをお知りになりたい方は「初めての方へ」をお読み下さい。