家具がオーダーなのは、ドンピシャリサイズの、心地よいリビング居住空間を演出します。LT-044

リビングの古い家具を取り去って、新しいスッキリしたリビング居住空間にしたい。
誰もが、そう考えるのものです。

リビング収納として、今まで置いてあった、古い家具がオープンの棚であったため、
常に散らかった感じがして、何か落ち着きませんでした。

オープンの棚は、ついつい、知らない間に物を置いてしまい、きれいに片付かないままになってしまい、
みにくい空間となってしまっていました。

それと、もう一つは、市販品の既製品棚を買っていたため、棚を設置した時、
隙間が微妙に空いてしまい、それも何となく不満でした。
これは、もう少し深い収納の物がほしいと言う、以前からの希望でした。
そして、奥行きです。

理想としては、「リビングのカウンター収納家具」です。

理想のリビングのカウンター収納・LT-044-50.jpg

そこで、買い換える事としました。

家具を買い換える事、特に、リビング棚となると、少し決断が要ります。
家具は、そんなに頻繁に買うものではないので、ここは慎重な家具選びが
必要になってきます。

当然、買い替えに当たっては、様々なネットショップや、通販カタログ、
実店舗の家具屋さんの店頭も検討しました。

でも、今回の家具を購入するにあたってのコンセプトは、
「すっきり感、ドアの多いたっぷり収納、そして、リーズナブルな価格」です。

理想の形としては、カウンターが付いていて、
「飾り物もカウンターに置けて、そのほかの物は、ドアの中に、完全に隠しておける」
そんな家具です。
つまり、ドアつきの「リビングのカウンター収納家具」です。

そして、検討する内、段々出てきた結論が、
「既製品でコンセプトに合った物(カウンター収納家具)がなければ、家具をオーダーしてはどうか。」
と言うものでした。

家具を、オーダーすると言っても、そんな家具をしかも、オーダーでとなると、
購入した経験がありません。

そして、こちらのイメージスケッチを、Lide「リーデ」さんに送り、見積もりをしてもらい、
図面を作成していただきました。
家具のオーダーは、初めてだったので、おっかなびっくりでしたが、
細部わたり、親切に指導していただきました。

例えば、部屋の下についている「木枠」。
巾木と言うそうですが、これを避けて、ピッタリと壁に付ける方法とか、有効内寸のこととか、
微にいり、細にわたり、確認させていただき、納得して発注までに至りました。

そして、ついに出来上がったオーダー家具の、
「リビングのカウンター収納家具」が、この写真です。

正に、理想的な「リビングのカウンター収納棚」理想的な家具を設置する事が出来ました。

これで、リビングが、「まさに、ドンピシャリサイズの、心地よいリビング居住空間」となりました。

家具を、オーダーで購入すると言う、新しいチャレンにトライして、本当に満足の買い物となりました。

このタイプの 「リビングのカウンター収納家具」のお見積りは、組み合わせの仕様となります

【この例のお見積もりは、両ドア棚のページを参考にしてください】


両ドア棚

特別仕様となりますので、およその価格のお見積り見当をつけていただいた後、一度お問合せください。

特別仕様に関するお問い合わせは、下記まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

メールは
「お問い合わせメールフォーム」
まで。
お電話は、076-218-9555 まで、
お気軽にお問い合わせ下さい。

素材に関する情報のページをご紹介しておきます。
一度ご覧下さい。
・素材とカラー
・Lide「リーデ」オーダー家具の素材は、高品質です。
(店長みずから実験しました)