洗面所でタオル、バスタオルを上手に収納できる棚が出来たらすっきり片付く。TR-016

タオル収納ボックス・TR-016-40.jpg
タオル収納ボックス・TR-016B-45.jpg
タオル収納ボックス・ドアオープン・TR-016C-45.jpg

洗面所収納で、最も場所を取るのが、バスタオル、フェイスタオル類です。
これらを上手に収納できれば、洗面所収納は成功だと言えます。

でも、大体が、場所が足りません。
かと言って、洗面台の蛇口の下の収納スペースにタオル類を入れたくなりますが
これはいただけません。
蛇口の下は、湿気が多く、タオルが湿ってしまいます。
又、衛生上も、よろしくありません。

そこで、考えていただきたいのが、「吊り棚」です。
タオル収納の場所として、一番目を付けたいのが、洗濯機上ですね。
ここは、狭い、洗面所、脱衣所のスペースの中でも、最も吊り棚に適した場所です。
「でも、吊り棚って、リフォームや、新築の時に業者さんに頼む物でしょう?」
と言った事を良く聞きますが、そんな事はありません。
実は、素人の方でも取り付ける事が可能なのです。

話はそれますが、奥さんに頼まれて部屋に棚を作って、設置した方もあると思います。
正にその感覚で、吊り棚も取り付けが可能です。
ただ、壁の中の下地材の位置は見つける必要があります。
それは、このページを参考にして下さい。→「吊り棚の構造と、取り付け方 」
のページです。

このページにも載っていますが、タオル収納棚などの吊り棚は、軽い素材で作ります。
よほど大きな物でなければ、素人の方でも取り付けは可能なのです。
「でも、取り付けは自信が無い」と言う方は、工務店さんなどに
頼んでください。
1時間もあれば取り付けできますので、工賃も知れています。

少し、お話がそれましたが、タオル、バスタオルは、意外と場所を取る物です。
その割りに、頻繁に出し入れしますので、最適な位置に、タオル収納ボックス、タオル収納棚が必要です。

言い忘れましたが、この写真でお分かりのように、このタオル収納の吊り棚は、両開きのドア付きですが、ドアつまみがありません。
ドアの下を伸ばして、ツマミ無しのスマートなデザインになっているのです。
吊り棚なら、このようなデザインも可能なのです。

洗面所、脱衣所棚は、吊り棚でスマートに、タオル収納をしましょう。

吊り棚は、特別仕様になります。吊り棚専用のページを
ご覧の上、メールにてお問い合わせ下さい。

「吊り棚の各ページ」へ。

サイズや、ドアのあり無し、など、必要事項をご記入いただきますと、
お見積もりをいたします。

特別仕様に関するお問い合わせは、下記まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

メールは
「お問い合わせメールフォーム」
まで。
お電話は、076-218-9555 まで、
お気軽にお問い合わせ下さい。

素材に関する情報のページをご紹介しておきます。
一度ご覧下さい。
・素材とカラー
・Lide「リーデ」オーダー家具の素材は、高品質です。
(店長みずから実験しました)