ありそうで無い家具(台所棚)を作れるのが、オーダー家具のすばらしい所です。DT-043

ダイニングキッチン家具-DT-043-53.jpg
ダイニングキッチン家具-収納前-DT-043B-48.jpg

ダイニングキッチンに、補助的な棚がほしいとかねがね思っていました。
今までは、市販品の中途半端な棚を置いたりして、ゴチャゴチャとしていたダイニングキッチンが見違えるほどスッキリしました。

ポイントは、
ダイニングテーブルと同じ高さである事。
そして、そこは、ダイニングテーブルの延長の補助棚として使える事。
下の棚は、ちょっとした小物が収納できる棚が付いている事。
最下段は、脚だけにして、暖房機器が、直接床における事。
カウンター仕切りの下に、巾木が付いているので、それを交わせる棚である事。

などが、ポイントであり、ダイニングキッチン家具の条件でした。

このような都合のいい家具は、市販品では、見たことがありません。
かといって、DIYで作るには、ハードルが少し高い様です。

仮に、DIYで作ったとしても、見た目は、決して良くならないものです。
変な言い方ですが、「いかにも、DIYで作った」と言う感じになってしまいます。
それは、ビスの頭が見えてしまったり、つなぎ部分が直角にならなかったり、
合わせ目に隙間が出来たりと、よほどの達人で無い限り、「アラ」が、目立ってしまいます。

決断どころとしては、「安くて、プロが作る、オーダー家具」です。
オーダーで作る、ダイニングキッチン家具、台所補助棚です。
オーダー家具といっても、高くては意味がありません。
お手ごろな価格が、大事な要素です。

ここにご紹介する、ダイニングキッチン家具は、プロの職人さんの手による、オーダーの台所棚です。
ビスは、外からは見えていません。
きっちり、正確で、しっかりした作りです。
巾木避けのカットも、しっかりしてあります。
これで、悩んでいた、ダイニングキッチンの「ゴチャゴチャ」問題が、すっきり片付きました。

家具は、必要とする条件を満たす事が、とても重要です。
それないと、家具とはいえないのかもしれません。

量産で、市販されている物は、どうしても、サイズを初め、もろもろの条件が満たされず、条件は、妥協して購入するしかありません。

この、あなたが必要とする条件、ここで言う、ダイニングキッチン家具、台所収納棚の条件を満たすには、オーダー家具が一番と言う結論に至りませんでしょうか。

この例のお見積もりは、オープン棚のページを参考にしてください。
巾木避けカットなどは、特別仕様となり、別途料金が必要です。
特別仕様になる場合は、メール、お電話にてお問い合わせ下さい。


オープン棚

特別仕様に関するお問い合わせは、下記まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

メールは
「お問い合わせメールフォーム」
まで。
お電話は、076-218-9555 まで、
お気軽にお問い合わせ下さい。

素材に関する情報のページをご紹介しておきます。
一度ご覧下さい。
・素材とカラー
・Lide「リーデ」オーダー家具の素材は、高品質です。
(店長みずから実験しました)