いったい家具っていつから出来たのでしょうか?

家具の歴史を調べてみました。

家具の本当の歴史はまだわかっていません。
遺跡などから、推測するしかありませんが、おそらく、原始人が、何かの時に座る時に石などを
持ってきて、住居に置いたというのが始まりでしょう。
確かな証拠として残っているのは、エジプト、メソポタミヤの紀元前の遺跡です。やはり、椅子が
多く発掘されています。椅子があるということは、当然テーブルもあったと思われます。
やはり、人間の自然な動作として腰掛けたり、物を置いたりする台が自然に家具として展開して
行ったのでしょう。
その後、ピラミッドや、お墓など、今は世界遺産の発掘などからわかるように、権威の象徴として
の椅子や、家具などが家具の急速な発展となっています。
やはり、多く残っているのは、石で出来た椅子、テーブル、ベッドなどです。人間の歴史の中で、
残っていくのは石による家具ということですね。そんな事を考えていたら、先日テレビの番組で、
「1,000万年後の地球はどうなっているか?」と言う予測を学者さんたちが立てCGで見せていま
した。それによると、人類は滅び、自然の草や、木や、虫だけが生き残ると言う事でしたが、興味
深かったのは、人類の英知といわれて作り上げたものがすべて朽ち果てると言う事でした。
鉄で出来た自動車、コンクリート建造物、パソコン、CDなどなど、すべてです。
もし、1000万年後、人類の痕跡が残るとしたら、硬い石で出来たものだけだそうです。
話は大分横道にそれましたが、人類の長い歴史の中で作り上げたものって、何とはかないもの
なのかと思った次第です。もし、1,000万年後の世界にあなたの痕跡を残したいのであれば、何か
石で出来たものに痕跡を刻んでおけばいいのかもしれませんね。
でも、残念ながらLide「リーデ」のオーダー家具には石の製品はないので、ご了承下さい。