玄関の下駄箱空きスペースに、すき間棚を設置して、灯油タンクも収納できるオーダー家具を設計しました。

玄関の下駄箱横のスペース。活用方法を考えていました。
灯油タンクを上手に収納したかったので、今回は、それを主体に、収納すき間棚として設計、作成ました。
灯油タンクを置きたいので、棚の底板は、無しにして、灯油タンクが置きやすい様に、そして、万が一灯油がこぼれても、棚が濡れないように、底板を無しにする事が設計のポイントです。
普通の市販の棚は、必ず底板が付いています。
オーダー家具なら、底板なしで、製作可能との事でしたので、底板無しのすき間棚にしました。
玄関床が、若干傾いていたため、脚下に、フェルトを敷いて調整しました。
高さは、1,800mmとし、上部分は、飾り棚としました。
奥行きは、左の下駄箱の、本体に合わせ、ぴったり感が出ました。
幅は、すき間いっぱいですが、玄関の巾木の内側に合わせました。
灯油タンクのすぐ上の棚板は、固定棚板、その上、2枚は、上下調節可能な、可動棚板です。

注意点としては、建物床は、意外と傾いているものです。
特に玄関床は、水はけのため、少し傾けて作ってあるので、実際に家具を置いてみないと、分かりにくい部分はあります。
この場合、フェルトで、傾きは調整しましたが、上の右部分に、壁との間に少し、すき間が出来てしまいました。
オーダー家具を、作る前に、下の巾木部分のすき間と、上部分のすき間の、両方を測ってもらえれば、テーブル天板を、右側だけはみ出して作れば、すき間は、隠せたかもしれません。
オーダー家具ですので、テーブル天板だけ、あとで追加することも可能です。

これで、スッキリとした玄関となりました。

 

●オーダー家具の、デザイン、設計、製作、仕様など、
なんでもお気軽に、お問い合わせください。

丁寧にお答えいたします。

オーダー家具設計相談目次へ。 設計事例一覧へ。
自動見積もりへ。 トップページへ。

ご質問、疑問、ご相談がありましたら、すぐにお問合せ下さい。
お電話でも構いません。(土日祝可)TEL:076-218-9555
初めての方でも、ご丁寧に対応いたします。
*ご注文~お届けまで。*「リーデ」の考え方。*素材構造など、何でもご質問ください。

お問合せメールお問合せメール添付付き初めての方は、こちらから。