クローゼット内の、整理棚、考えた事はありますか?TN-020

クローゼット整理棚を、真剣に考えてみましょう。
一番気になっていた場所(クローゼット収納)が、すっきりするはずです。

TN-020-45.jpg

クローゼット内の、整理棚、考えた事はあるけど、既製品の棚では、サイズが合わない、丁度のサイズが無い、そんな考えで、あきらめてはいませんか?
でも、あきらめは、不要です。
オーダー家具と言う手があります。

「オーダー家具って、高いのではないの?」
ごもっともです。
オーダー家具って、高いのです。
でも、…意外と安く作る事も出来るのです。
安く作ってくれるお店もあるのです。

クローゼット内の整理棚(クローゼット収納)、設計のポイントは、次のとおりです。

①ロングドレスや、ロングコートの長さを、しっかりと計ること。
②同様に、通常の上着、スーツなどの長さをしっかり計ること。
③クローゼットの、奥行き内寸を測ること。
この、3点だけでいいのです。

そして、それぞれの長さの洋服の、ボリューム(全部の幅)を確認する事です。
又、将来の、増減の予測も必要です。
増減に対して、その幅分も考えておく必要があります。

奥行きは、出来るだけ収納が出来るように、奥いっぱいに取りましょう。
通常、良くあるクローゼットの、奥行き内寸は、55~60センチぐらいです。

幅は、どうでしょう。
これも、クローゼットいっぱいにしてもいいのですが、
将来、高さの大きな物を入れるため、そのスペースは取っておいた方がいいかもしれません。

これで、すっきり、ぴったりの収納が可能になりました。
こんな事は、オーダーの整理棚、収納棚だから出来るのですね。

この例のお見積もりは、棚のページを参考にしてください。


中仕切りオープン棚