オプションのキャスターの取り付けと知識

キャスターの取り付け方と、寸法、耐過重などをご説明

オーダー家具にキャスターを取り付けるには、木ネジにて取り付けます。
棚をひっくり返してオーダー棚を組み立てた後、取り付けます。
ネジ穴は取り付けやすいように、下穴を空けて工場出荷いたします。
キャスターは小と大の2種類で、ストッパーあり2個と、ストッパー無し2個の
計4個のセットです。
キャスタータイプは、双輪のおしゃれなキャスターです。
耐過重は大サイズが160kg、小サイズが80kgです。(棚重量込み)
よほど重いものを乗せない限り、充分な耐過重です。
車輪の直径は、大が50mm、小が40mmです。大きな車輪ほど、動きやすくなります。
よほど小さな棚でない限り、大サイズのキャスターをおすすめします。
取り付けはプラスドライバー1本で簡単です。
ドライバの種類は、一般的に最もよく使われている「No2」のドライバーです。
おそらくほとんどのど家庭にあると思います。ドライバーのどこかに書いてあると
思いますが、書いてなくても、ネジとあわせてピッタリかどうかで確かめます。
使い方のコツは、ビスに対して、意識して直角に当て、垂直に力を入れながら
締めて下さい。
下穴を空けてあるので、電動ドライバーを使わなくても大丈夫です。
ドライバーの種類使い方は「ドライバーとネジの使い方」に詳しく載せておきました。
電動ドライバーについては「電動ドライバーの使い方」ページに、選び方と
使い方について載せておきました。

kumitate-cyaster.gif
casterL3-25.jpg
casterS3-25.jpg

キャスター双輪写真