自分のお部屋(寝室)の専用本棚を、鏡とドアを付けてオーダーで、創ってみました。BT-010

鏡をクローゼット横にほしかったので、どうせならと、オーダー家具の強みを生かし、
本棚と組み合わせ、鏡付き、ドア(扉)付き本棚を創ったところ、意外とおしゃれな感じになりました。

鏡付き、ドア(扉)付き本棚・BT-010

自分のお部屋に、スタンド鏡を置きたいと思ったのですが、単にスタンド鏡を置くだけなら、普通の考えです。
自分専用の寝室本棚もほしいと思っていたので、鏡付き、ドア(扉)付きオーダー本棚として、作成しました。
又、鏡は、ゆがみやすいプラスティクではなく、本物のしっかりした鏡を付けました。
自分専用の、ドア(扉)付き本棚なので、窓枠までのぴったりの、お気に入りサイズで創る事にしました。
嬉しいのは、本棚とは見えない事です。
鏡付きドアで、本を隠してしまい、一見、クローゼットの一部のようにする事により、落ち着いた雰囲気となりました。
本棚は、オープンタイプが多いものですが、本棚と言うと、「オープン棚」という固定概念があるようです。

インテリアを、上手に、センス良く配置するコツは、なるべく物を隠してしまう事です。

鏡付き、ドア(扉)付き本棚(ドアオープン)BT-010

ドラマや、映画に出てくるインテリア、又、雑誌に出てくる素敵ないいテリアを、良く見てください。
物が、あまり外に出てませんよね。
全て隠してしまうと、今度は味気ないインテリアとなります。
インテリアをすっきり、センス良く見せるポイントとしては、一旦すっきりと、家具の中にすべてしまい込んで、いくつかの飾り物、例えば、フォトスタンド、花器、オブジェなどを、さりげなく、数点配置する事です。
同じ物ではあきるので、月に1回ぐらい、順次数点を、入れ替えるだけで、変化とすっきりしたインテリアを楽しめます。
ついつい飾りすぎますが、それは、良くありません。

話は、ずれてしまいましたが、この、ドア(扉)付きオーダー本棚の例では、あえて、本を見せずに、ドア(扉)付きとして使用している所がポイントになります。
クロ-ゼットのイメージに溶け込んで、お部屋にインテリアが、とても落ち着いて見えます。

このドア(扉)付きオーダー本棚の例のお見積もりは、片ドア棚のページを参考にしてください。


片ドア棚

*鏡は、本格的な、しっかりした、ガラス製の鏡です。
鏡は、特別仕様になりますので、追加料金になります。

特別仕様に関するお問い合わせは、下記まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

メールは
「お問い合わせメールフォーム」
まで。
お電話は、076-218-9555 まで、
お気軽にお問い合わせ下さい。

素材に関する情報のページをご紹介しておきます。
一度ご覧下さい。
・素材とカラー
・Lide「リーデ」オーダー家具の素材は、高品質です。
(店長みずから実験しました)